つらつらと

大学生です。思ったことを書いています。

優しさに触れる

こんばんは、ひまわりです。

 

今日は学校があったのですが、行けませんでした。とても怖かったです。たくさん朝から泣きました。

 

しかも今日のは必修で集中的に何日間かかけてやるものだったので、休むと卒業にも関わってきます。多分、来年に一個下の学年の子たちと受けたらいいとは思うのですが、まだどうなるかわからないです。

 

恋人が朝からいてくれたんですよ。それで、最初は、行きなさいってずっと言ってて。私がたくさん泣いてそしたらもう寝なよって寝せてもらいました。

 

その後、お昼ごはんを食べに連れて行ってくれて。美味しくて、優しくて泣きそうになりました。

 

そして、僕にはわからないから病院に行きなさいと連れて行ってくれました。そこまで受け入れてくれるのかと嬉しいのと泣きそうなのと両方でした。

 

明日は、部屋を片付けること、植物に水をあげること、それと、一緒に花火を見ようって。できそうなことを言ってくれるのと、花火を見に連れて言ってくれるのとでとても胸がキュッとなりました。

 

花火も人の多くないところからみるつもりです。

 

なかなか、思うようには生きれないけれど、こうして一緒にいてくれる人がいるだけでだいぶ楽になりますね。

 

読んでくださった方、ありがとうございました。