つらつらと

大学生です。思ったことを書いています。

人が怖い

前にエネルギーが今は少ししかないから休みましょうと言われた。


動けなかった。どうやって生きていたのかわからなかった。ただ、起きて、食べて、寝て。何を楽しみに何が楽しくて生きていたのかわからなかった。きっと、鬱だった。


1番楽しかったこと、心が癒されたこと、心が動かされたことが、誰かと一緒に何かをすることだった。


草取りでもいい、犬の散歩でもいい、料理でもいい、スポーツでもいい。


それも、心の許した相手であることが大切だ。


また、あの頃みたいに何もできなくなるのじゃないかと、今怖いし。近づいているのが自分でもわかる。


誰かと繋がるのが嫌なんだ。心を許した人以外。きっと、心が傷ついたままだから。


みんなは、私が思ってるよりも優しくしてくれるし、いい人たちって頭ではわかってるのに、体がわかってくれない。自然と涙が出て動けなくなる。


みんなが当たり前に送っている日常の生活がわたしには難しいものに変わった。


鬱には終わりはくるのだろうか。あのあとから、テンションがうまくとれない。高すぎたり、かと思えば低くなったり。


私は、軽度の鬱だったけれど、今も人が怖い。


逃げって何かな。サボりって何かな。みんな頑張ってるから頑張らなきゃいけないって何かな。